地震への準備を万全にすることの重要性

もしもの地震に備えて

地震に備えて準備しておくこと

地震が起きたときは、何よりも自分の命を守ることが大切ですが、大きな地震に備えて被害を少なくするため、いろいろ身の回りにおいて準備しておくことが大切です。
家庭内においては、怪我を防ぎ、避難通路を確保するために、家具が転倒、落下、移動しないよう固定しておくことです。
窓ガラスや家具のガラスなど、割れることが想定されるものには、飛散防止シートをはったりし、身近にスリッパやスニーカー、懐中電灯などを用意しておくと怪我を防ぐことが出来ます。
同時に火災が発生した時に備えて、消化器や火災警報器などを用意したりし、作動するか、使い方はわかるか確認しておきます。
また、非常用の食料品や飲料水、ラジオや薬など、必要と思われるものを家族の人数分と数日分をまとめておいておくことが大切です。
大きな災害が起こったときには、どこで集合するのかを家族で話し合い、決めておくともしものときには連絡が取りやすくなります。
自分の行動範囲である地域の危険性が、どのくらいあるのかを把握しておくことも大切です。

地震への準備を万全にすることの重要性

日本ほどに地震への準備が万端な国は珍しいですが、全てが完璧なわけではありません。
震災時には毎回のように建物が損壊し、液状化現象が発生することもあります。
海沿いの場所では、堅牢な防波堤を作ることで、津波への備えを行います。
しかしながら、防波堤も完璧ではないために、津波避難場所となる高台や頑丈な建物を作ることも必要です。
過去に大きな地震を経験した人は、後世の人たちに歴史を伝えて、次の震災への準備を万全にさせてきました。
日本各地には伝承のための石碑があり、後世の人たちへ向けて、震災を風化させないように警告しています。
地震などの災害は忘れた頃に発生することが多いですから、常日頃から備えを行うことは何よりも重要です。
地盤が悪い場所では、土地の改良をしたり、建物を杭基礎で構築して対処することもあります。
建物の特性に応じて、剛構造と柔構造のどちらかを選んで、地震への備えとする方法も確立しています。
一般家庭では、家具にストッパーを付けたり、非常食を用意して準備を行うことも大切です。

recommend

巴商会
http://www.tomoeshokai.co.jp/

最終更新日:2017/4/13

COPYRIGHT(C) もしもの地震に備えて ALL RIGHT RESERVED