地震に備えて用意しておくもの

もしもの地震に備えて

地震に備えて用意しておくもの

地震大国日本では、いつどこでどれほどの地震が起こるかわかりません。
必要な物品を揃えておき、もしもの時にも慌てずに行動できるようにしたいものです。
一番の基本は水と食料の確保です。
救助が来るまで、支援物資が届くまで、最低3日は大丈夫なように用意します。
缶詰や、真空パック、乾燥したものが主流となりますが、最近はずいぶん味も改良されおいしくなっています。
水を入れただけ食べられるタイプの食品もあるので便利です。
年に2回ぐらいは賞味期限を確認し、随時新しくしましょう。
カセットコンロとガスボンベがあれば、ガスが使えないときでも簡単な調理ができるため便利です。
その他にも、現金、小銭、懐中電気、携帯ラジオは必須と言えるでしょう。
また、乳幼児がいれば、オムツ、お菓子、着替え、タオルなどが必要です。
また、生理用品、入れ歯洗浄剤などもあるとよいです。
常備薬はいつも同じところに置いておき、緊急時もすぐに確保できると良いです。
また断水が起こった時のために、入浴後の残り湯をとっておけば、トイレに流すことができます。
ラップ類は、お皿にかければ洗う必要がなく何度も使えるので便利です。
大きなゴミ袋やスーパーの袋なども、ごみの処理、防寒、雨対策などいろいろと使えます。

地震の揺れの強さに影響する地盤

地震に強い土地の特徴は、地盤がしっかりと固結しているために、揺れを最小限に抑えられることにあります。
逆に形成年代が新しい地形であれば、地盤は未固結となり、揺れを余計に増幅させてしまいます。
この例が顕著となるのが関東地方であり、過去に被害例も多数あります。
1923年に発生した大正関東地震では、震源から比較的に離れた東京において、甚大な被害をもたらしました。
この原因は、東京を中心とする関東南部の地盤が未固結であるためです。
関東平野では河川などによって運ばれた土砂によって、分厚い堆積層が形成されました。
この堆積層は最も深い所では3000メートルにも達するため、東京の沖積低地は地震の揺れに対して、構造的に弱い性質を持っています。
地盤が軟弱な低地において、揺れに強い建物を構築するためには、支持層まで杭を打ち込む必要があります。
都内の主要な高層ビルについては、東京礫層などを支持層として、揺れに強くなるように配慮しています。
支持層となる地盤は浅いところにあれば好都合ですが、利根川の流域となる関東では、未固結な土砂が特に堆積しやすくなります。
次回の大地震に備えるためには、地形の成り立ちや特性を理解して、最も合理的な方法で耐震を進めることも重要です。
未固結な地盤はすぐには固くならないため、場合によっては人工的に改良を行うこともあります。

注目サイト

ペットと泊まれる宿
http://www.kiyosato-mackin.com/
遺品整理 神奈川
http://wecan-i.com/
エレキギター 買取
http://www.gakki-kaitori-site.com/electric_guitar
高血圧改善サプリ
http://www.kouketuatu-ranking.com/
袴 レンタル 卒業式
http://www.sotsugyo-hakama.com/
次亜塩素酸水 消臭
http://abelia.co.jp/
白ロム 買取
http://www.top1mobile.com/
オリジナルBOXティッシュ
https://insatto.com/boxtissue/

Last update:2016/7/7

COPYRIGHT(C) もしもの地震に備えて ALL RIGHT RESERVED